アルス刊『白秋全集』の目次・抄録

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

きょうの名文・放送順(2006年度)「金魚」の作者を調べたついでに、アルス刊『白秋全集』の童謡の巻だけ目次を書き写してきた。

目次の頭の●▲■はランク付けのために私が挿入した印。印がないものは詩の題名。強調表示しているのは岩波書店版の『白秋全集』や『白秋全童謡集』の「童謡拾遺」に収録されている作品。

岩波書店版の『白秋全集』には単行本初版とこの全集との異同が詳細に書かれている。作品の取捨選択、配列、本文の推敲など色々違うらしい。

時間の都合で第十巻は章建てだけを書き写した(「童謡拾遺」に収録されているのは第九巻と第十一巻の作品のみ)。

漢字は新字体に直し、ひらがなは旧仮名遣いのままにした。原文ではほとんどの漢字にふりがながあったが、読みを特定したいところだけ括弧内()に入れて書いた。(p.○○では~)は目次ページと本文ページで題名が違っていたもの。--で始まるような副題は目次ページには書かれていなかったが書き足した。

白秋全集 第九巻 童謡 第一

  • 昭和4年11月1日発行
  • 著作者:北原白秋
  • 発行所:アルス
  • ●蜻蛉(とんぼ)の眼玉
    • ▲はしがき
    • ▲あわて床屋
      • 赤い鳥小鳥
      • あわて床屋
      • 夕焼とんぼ
      • 蜻蛉(とんぼ)の眼玉
      • 栗鼠、栗鼠、小栗鼠
      • りすりす小栗鼠
      • 犬のお芝居
      • ちんころ兵隊
      • かぜひき雀
      • のろまのお医者
    • ▲お祭
      • お祭
      • 八百屋さん
      • 赤い帽子、黒い帽子、青い帽子
      • 金魚
      • 井戸掘り
      • とほせんぼ
      • なつめ
    • ▲雉子(きじ)ぐるま
      • ほうほう螢
      • 山のあなたを
      • 鳰(にほ)の浮巣(うきす)
      • ねんねのお鳩
      • うさうさ兎
         手まり唄
      • 舌切雀
      • 雀の機織(はたおり)
      • 物臭太郎(ものぐさたらう)
      • 雉子(きじ)ぐるま
      • 鳥の巣
    • ▲鷺の紅(べに)
      • ■鍛冶の火花
         台湾童謡訳
        • 一羽の鳥は
        • 盗人(ぬすつと)
        • 米の水
        • 鍛冶屋さん
      • ■鷺の紅(べに)
         柳河ぶり
        • 薄(すすき)
        • 燕(つばさ)
        • 鷺(さぎ)
        • 鳰(けえつぐり)
  • ●兎の電報
    • ▲はしがき
    • ▲兎の電報
      • 兎の電報
      • 鶩(あひる)の小屋
      • まゐまゐつぶろ
      • 肩ぐるま
      • ぽつぽのお家(うち)
      • わたしの家(うち)
      • 葉つぱつぱ
      • お馬暑かろ
      • 仔馬の道ぐさ
      • 白い牛黒い牛
      • げんげの畑
      • 栗と小栗鼠
    • ▲お人形(にんぎよ)焼く家(いへ)
      • 麺麭(パン)と薔薇(ばら)
      • お人形(にんぎよ)焼く家(いへ)
      • 夢の小函(こばこ)
      • 月夜の家(いへ)
      • 離れ小島の
      • 今夜のお月さま
      • 白い木のかげに
      • 白い鳥
    • ▲里ごころ
      • 低山(ひくやま)、小山(こやま)
      • とんからこ
      • かやの実(み)
      • どんぐりこ
      • 里ごころ
      • 白い白いお月さま
      • 祭の競馬
      • 九十九島(くじふくしま)
         手まり唄
      • ちんちん千鳥
      • 真夜中
      • 雪のふる晩
      • 大寒(おほさむ)、小寒(こさむ)
      • 雉子(きじ)の尾
      • 蜂の子
      • 蝶々と仔牛
  • ●祭の笛
    • ▲はしがき
    • ▲序詩
      • 祭の笛
    • ▲第一部
      • ■ねんねのうた
        • ねんねのお国
        • ねんねん唄
        • お昼寝
        • こぬか雨
        • げんげ草(さう)
        • 浪(なみ)の音(おと)
        • 南の風の
        • ねんねの騎兵
        • 夢買ひ
        • 揺籃(ゆりかご)のうた
        • ねんねこ唄
      • ■田舎のうた
        • 朝(あさ)
        • こんこん小山(p.196では“こんこん小山の”)
        • 涼風(すずかぜ)、小風(こかぜ)
        • 田舎
        • 跳ね橋
        • 水はじき
        • 燕(つばめ)の歌
        • 乳(ちち)いろ水(みづ)いろ桃(もも)いろ
        • 南の風は
        • 午後一時(いちじ)
        • 日雀(ひがら)と椿
        • 草(くさ)もみぢ
        • 虹と仔馬
        • 五月(ごぐわつ)の声
      • ■知られない、なにか待たれるもののうた
        • 蝶々の旅
        • 月夜のお囃子
        • 鶏頭(けいとう)
        • 影ぼふし
        • 七つ坊主
        • 吹雪の晩
        • りんりん林檎の(p.240では“りん/\林檎の”)
        • お掌(てて)の林檎
        • 青い月夜
        • 昨夜(ようべ)のお月さま(p.246では“昨夜のお客様”)
        • お母(か)さん仏(のの)さま
        • 弟の誕生
        • カステラ
        • 足音
      • ■寒いお山のうた
        • この山
        • 雀のお宿
        • ちよんちよん雀(p.264では“ちよん/\雀”)
        • ふくら雀
        • 雀の親子
        • 矮鶏(ちやぼ)
        • ひとりぽつち
        • 椋鳥(むくどり)
        • こがらし
        • ぽつつり子猿
      • ■さびしい人たちのうた
        • 良寛さま
        • 閻魔(えんま)の癇癪(かんしゃく)
        • 落穂(おちぼ)ひろひ
        • ほうほうほろりこ
        • かぐや姫
        • 紅燈(レツドランタアン)
        • 鶏(にはとり)爺さん
        • 雉子(きじ)射(う)ち爺さん
        • 山の小父さん
        • 先生
        • 馬どろばう
      • ■鷺と鶴と蝸牛(ででむし)のうた
        • 鷺と鶴
        • 角(つの)無し
        • 蝸牛(ででむし)のお蔵
        • 空威張(からゐばり)
        • つむじまがり
        • 修繕屋
    • ▲第二部
      • ■言葉や数のうた
        • 言葉
        • 五十音
        • 歌へよ子供
        • おうた
        • 数学
        • 魔法つかひ
        • 阿蘭陀船(おらんだぶね)
           手まり唄
      • ■空(そら)のうた
        • 太陽系あそび
           遊戯唄
        • 日光
        • 雲の歌
        • 月暈日暈(つきがさひがさ)
        • 星の歌
        • 陽炎(かげろふ)
        • 海辺の虹
        • 夕凪(ゆふなぎ)、小凪(こなぎ)
      • ■花や鳥や獣のうた
        • 羽音
        • お花の家庭
        • お月見
        • 小鳥の歌ひ手
  • ●花咲(はなさか)爺さん
    • ▲はしがき
    • ▲序詩
      • 木菟(みみづく)の家(いへ)
    • ▲昔のうた
      • 川上
      • むかし噺(ばなし)
      • ねんねのお里
      • かちかち山の春
      • かちかち山の夕焼(ゆふやけ)
      • 蟹のお宿
      • 雀さがし
      • 竹取の翁(おきな)
      • 瘤とり爺(ぢい)
      • 花咲(はなさか)爺さん
      • 虎の煙草
    • ▲虫のうた
      • はむし
      • 雨のあと
      • 閻魔堂
      • 蛍の出盛(でざか)り
      • てんと虫(むし)
      • 蝶々の子供
      • 夕飯(ゆふめし)すぎ
      • かなかな蝉(ぜみ)
      • つくつくほふし
      • 郵便くばり
      • さいかち虫(むし)
      • どんたく
    • ▲鳥のうた
      • 木(き)の実採(と)り
      • みそつちよ
      • 笛と雀
      • 玉蜀黍(たうもろこし)と雀
      • 百舌きち
      • 月夜の稲扱(いねこ)き
      • 雀のお手まり
      • 雀のあたまは
      • 紅(べに)借り白鷺
      • 七面鳥さん
    • ▲獣(けもの)のうた
      • 水の里
      • 雨の田
      • おしめり
      • 牛の子
      • 病犬(やまいぬ)
      • 山から来た馬
      • 親牛、子の牛
      • 千匹猿(せんびきざる)
      • ゐのしし
      • 寄り道
    • ▲草や木のうた
      • 合歓(ねむ)
      • 葡萄の蔓
      • 枇杷と菱(ひし)
      • 山の枇杷
      • なまけ柿(がき)
    • ▲お山のうた
      • こんこのお寺
      • かやの木(き)山(やま)の
      • 砂山
      • お山のあられ
      • わらび
      • 迎へ火
      • こんこん小松
    • ▲ねんねこうた
      • おねんね、ねんね
      • 小さなお小舎(こや)
      • おころり小山(こやま)
      • あれはときがね
      • 双六(すごろく)のうた

白秋全集 第十巻 童謡 第二

  • 昭和5年4月5日発行
  • 著作者:北原白秋
  • 発行所:アルス

※書き写す時間の都合で章建てのみ。詩の題名は序詩以外は全て省略。

  • ●まざあ・ぐうす
    • ▲日本の子供たちに
      • ■はしがき
    • ▲序詩
      • 母鵞鳥のうた
    • ▲まざあ・ぐうす
  • ●子供の村
    • ▲子供の春
    • ▲子供の夏
    • ▲子供の秋
    • ▲子供の冬
    • ▲子供の夜話
  • ●二重虹
    • ▲序詩
      • 二重虹
    • ▲二重虹
    • ▲月夜の蝶
    • ▲二人の上人さま
  • ●象の子
    • ▲象の子の話
    • ▲鼠の女王
    • ▲象の子

白秋全集 第十一巻 童謡 第三

  • 昭和5年12月15日発行
  • 著作者:北原白秋
  • 発行所:アルス
  • ●月と胡桃
    • ▲序
    • ▲月と胡桃
      • 猟季
      • 漣は
      • 水のそば
      • 月光曲(げつくわうのきよく)
      • 月と胡桃
      • 月夜の庭
      • 月夜の波止場
      • 月に
      • 月へゆく道
      • 白いもの
      • 珊瑚樹(さんごじゆ)
      • 落下傘(らくかがさ)
      • 月のひかりを
      • まあるい丘から
      • いびき
      • 月の中から来る人
      • 白いこだま
      • 月夜の仔馬
      • 白い列
      • 月と帽子
      • ほういほうい
      • 青い魚(さかな)
    • ▲イワンの家(うち)
      • J・O・A・K
      • 道ばた
      • 遠い野原
      • お日和
      • トラクタア
      • 楡のかげ
      • 修道院の前
      • 修道院の裏庭
      • ザボウ
      • ベル
      • フォーク
      • アイヌの子
      • 紅あんず
      • いたどり
      • たうきび
      • 多蘭泊(たらんとまり)
      • 海がらす
      • 安別(あんべつ)
      • 敷香(しくか)
      • いぬそり(p.82では“いぬのそり”)
      • 冬の日
      • イワンのお家(うち)
      • 樺太の春
      • 山のホテル
    • ▲白樺の皮はぎ
      • からまつ原
      • 白樺の皮はぎ
      • 追分(おひわけ)
      • 二月(ぐわつ)
      • 三月(ぐわつ)
      • てふてふ
      • あしびの花
      • 山の月夜
      • 月と子供
      • からりこ
      • 演習の頃
      • 寒い山
      • 寒い林
      • ふとれよ、ふとれ
      • 山茶花
      • 落葉(おちば)
      • おたまじやくし
      • お月夜
    • ▲鴎の塔
      • 鴎の塔
      • 足踏(p.130では“足踏み”)
      • さざなみ
      • 霞のなか
      • 日の出
      • 春の海
      • 海の向う
      • まつばぼたん
      • 入江には
      • ねこそぎ
      • さうらんえ
      • 鼠のかげ
      • 象の子は
    • ▲鷺の子
      • 鶯姫
      • 春の田
      • かへろかへろ
      • 煙草の花
      • ひきがへる
      • 筑波
      • 野つ原(ぱら)の夏
      • ひとりひとり
      • てんてく爺さん(p.176では“てくてく爺さん”)
      • お晩さん
      • お嫁入り
      • 沼べり
      • 鴨と月
      • 霜の朝
      • しろい馬
      • ひるねずみ
      • ゐろり
      • 草に寝て
    • ▲花の週間
      • 花の週間
      • 薔薇
      • 落ちたつばき
      • 揚羽蝶
      • わらひます
      • 青梅(あをうめ)
      • 草いきれ
      • 野菜
      • お籠に
      • りんご
      • 木(き)の芽どき
      • とんろん
    • ▲お母さま
      • お母さま
      • 白帝城(はくていじやう)
         --隆太郎に--
      • 船のおはなし
      • この道
      • 牡丹(ぼうたん)
      • 待ちぶせ
      • あのこゑ
      • 遊ばうよ
      • つばき
      • ゆすろ、ゆすろ
      • 梨の花
      • お庭の夢
      • 番号
      • ちひさな兵隊
      • 秋の日
      • 森君(もりくん)
      • お茶の実
      • 傘のうち
      • 藤の実
      • あけび
      • 窓ぎは
      • 椎の実
      • 夜中
      • 朝焼(あさやけ)
      • 夕(ゆふ)かた
      • アンデルセンの晩
    • ▲後記
  • ●驢馬(ろば)の耳
    • ▲すべり橋(ばし)
      • 鳥追ひ
      • 左義長(さぎちやう)
      • お船の正月
      • ころころころ橋(ばし)
      • いたち
      • たあんき、ぽうんき
      • 誰(たれ)さん
      • かりうど
      • つむぎぐるま
      • すべり橋(ばし)
      • 鼠とお馬
      • お馬の湯
      • 雀のお日和
      • 少彦名(すくなひこな)
      • 国引(くにびき)
      • 鴨取権兵衛(かもとりごんべゑ)
      • 頭の上の桜の木
         --民話より--
      • 浦島
      • 一スンバフシ
      • こんころころりん
      • 月夜の瀧
      • 文福茶釜(ぶんぶくちやがま)
      • 驢馬(ろば)の耳
      • 山椒太夫(さんしやうだいふ)
         --柴刈りの厨子王(づしわう)のうた--
      • ちんからこ
         --旧作--
    • ▲鷭(ばん)のこゑ
      • 鮒つり
      • 二人の兵隊さん
      • 川つぷち
      • 唐黍(たうきび)もぎに
      • 機動演習
      • 宵祭(よひまつり))
      • 祭のあと
      • ととんとん
      • さむい日
      • さむいゆふやけ
      • チロリ
      • 鳥さし
      • かぢや
      • 稲(いね)ぬすみ
      • 小さな街
      • 雪の山道
      • 雪女
      • 鷭のこゑ
      • その朝(あさ)
         --別稿--
      • 汽車みち
      • 日のくれ
      • 氷のひわれ目
      • ちろろんろん
      • ねぎ
      • 通り道
      • つらつらつばき
      • 帽子と春
    • ▲鮎の子
      • 「クックコック」
      • タノミヅ
      • ミヅノミ
      • サカナノイキ
      • ツクシ
      • ミノムシ
      • 鮎の子
      • 金魚
      • 舌出し人形
      • 蕗(ふき)の薹(たう)
      • びつくり鶏(にはとり)
      • たけのこ
         --坊やに代(かは)りて--
      • 鶯(うぐひす)
      • カトンボ
      • 山みち
      • とかげのおうち
      • 雨やどり
      • キノハ
      • 雪こんこん
         --遊戯唄--
      • ちらちら雪
  • ●赤いブイ
    • ▲赤いブイ
      • 港の出口
      • ブイ
      • 起重機
      • 月夜の飛行船
      • 航空母艦
      • 海の台場
      • 今年の春
      • 鉄工場(てつこうじやう)
      • てつきんコンクリート
      • 玩具(おもちや)のけしき
      • しうてん(p.460では“しうんてん”)
      • 踏切
      • ゐねむり駅長
      • きくわんしやの家族
      • 汽車汽車走れ
         --鉄道省依嘱--
      • 機関車の夢
        • 1
        • 2
        • 3
        • 4
        • 5
      • ボーイスカウト
      • 顔あそび
      • 来た来た
      • 射的場(しやてきば)
      • 兵隊さんと鳩
      • 煙突雀
      • 硝子ふく家(いへ)
      • ストーブたいてるお爺さん
      • 象のお散歩
      • 虎の子
      • 雉子と雀
    • ▲チユツリプ兵隊(p.499では“チュウリップの兵隊”)
      • ピンポン
      • 春の小人
      • 小さいキング
      • チユウリップ兵隊
      • 花瓶
      • お花のアーチ
      • ころころ帽子
      • パンとばら
      • ばらのはのうへ
      • トマト
      • はこべのはな
      • ピーナッツ
      • シイソウ
      • 地球のうしろ
      • こけつこ
      • いちご
      • 露西亜人形の歌
        • ウエドロ(水桶(みづをけ))
        • ジユーブシカ(娘)
        • ニヤアニシユカ(お乳母(んば)ちやん)
        • カロウワ(牛)
        • ロートカ(小舟)
    • ▲砂の上の町
      • ■I
        • 夏の砂山
        • 日ざかり
        • 砂の上の町
        • さびれた砂山
        • ドロップ
        • 山のおやつ
        • 山の駅
        • 水車船(すゐしやぶね)
        • 乳母(うば)ぐるま
        • デンショバト
        • 山から海から
        • スリッパ
        • 三日月さま
      • ■II
        • クマノコ
        • トビツケ、コドモ
        • 北の海
        • ロッペン鳥(てう)
        • 烏と豚
        • 百舌の子
    • ▲木銃(もくじゆう)
      • どこへゆく
      • 新聞
      • 靴と帽子
      • 坊やのお国
      • 赤上衣(あかうはぎ)
      • お窓の小父さん
      • 知らぬふりして
      • おさそひ
      • 木銃(もくじゆう)
      • 酸模(すかんぽ)の咲くころ
      • おまはりさん
      • アメフリ
      • もとゐたお家(うち)
      • こほろぎ
      • 二つの部屋
      • お散歩
      • 谷中(やなか)
      • ゆふかた
      • 森の裏
      • お鏡
      • 木靴
      • 元日
      • 伊勢えび
      • 飛び越そよ
      • ふきあげる
      • のびあがる
      • おるす
      • 石の門
      • 秋の野